make a pretty-world pretty.exblog.jp

にゃははっ


by berry-toyonoka
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 39 )

ヒメダカ

b0010489_23353636.jpg

先々週、伊都菜彩でメダカを売ってました。

夏の間はカブトムシやクワガタだったんだけどメダカちゃんに変わってました

子供用なんだろうけど
その小さなメダカちゃんたちに一目惚れ?
リビングのところに金魚鉢を置いて眺めてます。全部で3匹

意外に強くて生き延びるものなのね
チョロチョロ動く姿見またかわいい
[PR]
by berry-toyonoka | 2010-10-27 23:35

ネイルのお手入れ

b0010489_21241532.jpg

ネイルデビューからはや1ヶ月
カラーは剥げず綺麗なままですが爪が伸びすぎて携帯のメールが打ちにくく、コンタクトをはずすのが眼球傷つけそうでこわかった今日この頃(^^ゞ
二回目のネイルサロンです。
今度は先端がラメラメにしてみました♪
光の具合でいろいろ輝きが違ってて楽しいです。
些細な変化ですが、気持ちも明るくなったような?
いくつになっても女子力は保っていたいもんです
うふふ (*^▽^)/★*☆♪
[PR]
by berry-toyonoka | 2009-01-31 21:24
b0010489_2191456.jpg
平等院鳳凰堂 藤原氏が栄華を極めた時代。
現世で富と権力を得て次は来世でもそれを願ったのか?極楽浄土を夢見て立てた建物
人は死んだらどうなるのか?それは死んでみないとわからない。
お堂の中の絵には、死の間際お釈迦様が迎えにくる姿が描かれている。
ここに来たのは二度目。当時、学生だったせいで建物も修復中で工事だらけだったのも手伝い何にも感じなかったけど今再び来ていろいろと考えてしまう。
外からでも建物のお釈迦様の顔が見えるようにして、どこでも極楽浄土を願えたのかしら?
(写真は移りが悪いだけで心霊写真ではないのであしからず!)
さてさて、宇治といえばお茶!抹茶!
b0010489_2185228.jpg
宇治駅のポストまで茶壷だよ!さてさてお次は抹茶スィーツ
中村銘茶中村藤吉本店
古風なのれんが素敵
b0010489_2182238.jpg
とよのかたちって欲張りなんでどれも食べてみたい。それぞれ違うものを頼んでぐるぐる回していく。傍からみたらへんだろうな~。
どれもおいしかったけど抹茶あずき白玉は格別においしかった♪
暑いさなかは、また食べたくなっちゃう
[PR]
by berry-toyonoka | 2008-08-03 21:30

2008ご挨拶

b0010489_22304233.jpg

[PR]
by berry-toyonoka | 2008-01-01 00:00

ただいま(^^)

b0010489_23362264.jpg

土曜より台湾の台北に二泊三日で行ってきました
面白いこと美味しいものたくさん経験してきました!
チョコチョコ台湾レポートしますね
写真は出発の飛行機です
キャセイの台北経由香港行き
この便は台北や香港にいく人だけじゃなくヨーロッパやアジア・オセアニア諸国にいく人も利用します
だから預ける荷物もさまざまな大きさ
とよのかたちはこの便では1番短距離な旅なので荷物もコンパクト
約二時間ちょっとで台北に到着です!
今日はPC開く気力なしなので携帯から失礼いたしました~
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-09-10 23:36

京都下町の吉兆

京都でのできごと
湯葉丼が食べたくて雑誌に載ってるお店に行ったら満杯で断られた。
どーしよーか?とフラフラしてたら庶民的な感じのお店湯葉丼・湯葉うどん・京のおばんざいと書かれてある。超庶民的なラーメン屋みたいなお店構えだし、そう高くはないだろうと入ってみる。

感じのよい?おばさんが「どうぞー」と笑顔で迎えてくれる。中には若い女の子三人とキャリア風のおば様一人がいて繁盛してる様子。

メニューを見てびっくり!!
うどん1680円~え~ままじで・・ヾ( ̄▽ ̄;)
おばちゃんはマシンガントークで勝手にお薦めメニューを決めてしまいそうになる。一つ2000円近いうどんまであるではないか
「うちのは、一切化学調味料は使ってないの。自然のものだけ丹精込めて作ったものだからこの値段になるのよ」(京都弁はわからないので標準語で書きます)
無理矢理注文させる強引な手法にとよのかは絶句。
どうやらココの店の常套手段らしい。うどんの他にも万願寺とうがらしやデザートなどいろいろ出てくる・・。おばちゃんによって勝手にコースが作られている感じ>
若い三人組も無理矢理頼まされた模様。緊迫した雰囲気。一人できたキャリア風の女性は8000円支払ってましたよ(彼女はおばちゃんトークをそれなりに楽しんでる模様)
若い三人よりは図太くなった妙齢のとよのかたちは、高価格メニューは拒否し1600円台のうどんを注文。それからもおばちゃんしゃべりまくるまくる。
とよのかは、この強引な手法にムッとしてて、暗かったんだけど、いつもポシティプシンキングに変えてしまう友人たちは初めはムッとしてたけど、最後には、このおばちゃんトークを満喫した模様。女将のトークショー代と思えばいいのかなぁ。

後で食べた後、のどが渇かないから本当にいいもの使ってるんだねとお友達は感心していた。万願寺という春の京野菜も食べれたことだし・・(珍しいけど強引に食べさせられたんだけど)
うちは下町の「吉兆」といわれてるのよといってましたが、その通りとそこだけは同意。ネガティブシンキング?のとよのかは、味の方はこの値段ならこのくらいの味は当然じゃんと思ってしまいました。
b0010489_882463.jpg
そこへ地元の人らしき親子が登場。
席に着きメニューを見て
「これしかないの?」と顔をしかめる
「うちは、コレしかありません。ご不満なら帰っていただいても結構です。」と女将
「ほな、帰るわ」
サッサと帰っていきました。
おおーったくましい(゜◇゜;)

おばちゃんも地元の人には、強引には薦めない模様

友達たちはせっかく楽しい旅行のテンションをコレで下げたくないと自分に言い聞かせていたように思う。
とよのかは無表情に黙々と食べてたけど大人じゃなかったのかな

(お店の評判はコチラ)
評価的にも両極端に別れてる模様
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-06-10 08:12

京都より

b0010489_11591716.jpg

ただいま京都にきております。へ(^。^)/″
鈴虫寺に並んでます。
本当は苔寺が目的なんだけど予約?時間が一時半なので時間が余ったのでやってまいりました。
毎年、お札を返すために訪れてるような感じ。
あの話上手なお尚さまの楽しい話を聴きお地蔵様にお願いしてきます。
お地蔵様。今度こそはお願い叶えてね。
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-05-27 11:59

今だからいえる?

今の職場の雰囲気は、より一層淀んでおります。
前のトップは、アッパラパーですがあまり、小さなことにウダウダいわない人。今は細かい細かい・・。でも今までの慣習がおかしなところを指摘しているので、とよのかは賛同すること多し。
しかし、あまりにも厳しすぎて?笑い声すら起こらなくなっております。

本日、異動で出て行ったお局さまとお話をする機会があったのですが、彼女は異動になって本当によかったといっています。
それぞれの仕事分担が明確でルーティンワーク。
誰でも教えれれば理解できる仕事ばかり。
仕事量はたくさんだけど誰でもできるからお互い助け合い和気あいあいなんだそう
困ったことがおきても、上司が対応してくれる。これが精神的にもよいらしい。
忙しいけど充実してると生き生きした顔でいっておりました。

「あそこは本当雰囲気悪かったんだなぁ・・意地悪な人多いもん。うちってわからないこと多いしさ。 暇なくせに忙しい振りしなきゃいけないもん。○○課は違うよ。 本当忙しくて毎日あっというだもん!」
b0010489_2152372.jpg

|||||||||||||凹(゚ロ゚;)(;゚ロ゚)(゚ロ゚;)(;゚ロ゚)凹|||||||||||||
あなたも雰囲気を悪くするその一人だったと思うのですが・・
あの・・そんなに暇だったんですか???
わかってるふりしてたんですか?忙しいふりしてたんですか?

もしかしたら、今の職場には、そんな人がウジャウジャしてるのではないか?
だとしたら・・
・・・何かマイナスパワーが満ち合われているような気がしてなりません。

最後に
「とよのかも異動できたらいいのにね!!毎日楽しくなれるよ!!」

ちなみにとよのかは、契約社員なので異動はありません(泣)
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-05-22 22:08
b0010489_92482.jpg

[PR]
by berry-toyonoka | 2007-01-01 09:04

醤油

b0010489_1737978.jpgとよのか久々におば様の家に行ってまいりました。
実は人生が順風満帆じゃなくなってから親戚づきあいからはなるべく遠ざかっていた
しかし今回の目的はお醤油?

幼い頃からおば様の所に遊びに行ったときの朝ごはん
家とは変わらない生卵やらお漬物が妙においしかった。
何でだろうと思ったらそれは御醤油だった。
小学生ながらもそれに気づいたとよのかは、それからコレご指定
結婚してるときも東京までわざわざ取り寄せてもらっていた。
おば様は北九州のある小さな御醤油屋さんから買ってきているとのこと
親戚に会いたくなかったころ御醤油が切れていろいろな有名な
値段も高い御醤油を買ってはみたもののこの御醤油に代わるものはなかった。家族でやってる小さなところだから当然ネット販売なんてしてない。

b0010489_17144825.jpg今回従兄弟の結婚式の関係でおば様と話す機会がありまたお醤油を都合してくれるとのこと
とよのか久々におば様のところに遊びがてら行ってまいりました。
久々に行ったのでおじ様もおば様もとよのかを歓待してくれました。
若い者はお肉と決めつけられステーキを食べさせてくれた(あの・・もうそんなに若くないんですけど・・)せっかくのご好意ありがたくごちそうになる。

その後とよのかの縁のお寺に連れて行ってくれた。
十二月だというのにいまだ紅葉が見れるのも今年の異常気象がなせる業?
今年は紅葉を見る機会がないかなぁと思っていた。ラッキー(^_^)
実はこの鎮国寺、結婚15年経っても子供の生まれないとよのか父母が子授け祈願に訪れその直後に妊娠が発覚したb0010489_17164616.jpg
ご縁あるお寺だそう。(ひぇ~初めてきいた)

今日とよのかちゃんが来たのも何かの縁だね。いろいろあったけどこうやって無事今いることに感謝しなきゃ。
おじちゃんもおばちゃんもとよのかちゃんがいい方向に向かうことを祈ってるよ


といってくれた。なんだか目頭が熱くなった

頼んでいたお醤油大瓶三本を車に積んで帰途につく。
ココの御醤油本当においしいんだけど実はこのお店跡継ぎもなく作業場も老朽化してるので来年の三月でお店を閉めちゃうそう。ガーーン!!
来年三月までなのでそれまでにもう一度行って買いだめしとかなきゃ
またまた醤油放浪の旅は続く。
[PR]
by berry-toyonoka | 2006-12-03 17:37