make a pretty-world pretty.exblog.jp

にゃははっ


by berry-toyonoka
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:台湾( 9 )

台北bremen

b0010489_9553751.jpg
台湾の若者の町西門町(シーモンチョウ)
日曜の夜を徘徊
若者の町というかお子ちゃまの街(失礼)本当年齢層若かったな~
中・高校生っぽい店が多くて、日本の原宿っていった感じでしょうか?
そこに道路標識っぽいデザインがあってなんだか面白い
b0010489_101235.jpg
このデザインいい感じ~と思ってたら、台北bremenのお店に遭遇。
中に入るといろいろな笑えるブラックなデザインがたくさん
とよのか的可愛いの範疇はブラック的要素あるいは「ちょと変」的要素が含まれてるもの
思いっきりツボにはまってステッカーを買い漁る
b0010489_1013342.jpg
中でも気に入ったのは「bad bunny!」のステッカー
下には
Why do people always think we are innocent?
(なぜ、みんな僕たちをいつも純真無垢だとおもってるの?)
裏の紙にはウサギがライオンを痛めつけてる漫画が!!フフッと笑ってるウサギがなんともいい表情(笑)
愛車の後ろに貼ろうと自分用に購入(お前は暴走はたまたヤンキーか?)
b0010489_10225499.jpg
こんなブラックユーモアもまじえたステッカーtaipeibremen台北不来梅と書いてあるので、台北のおみやげにもグット
注意書きに
1.UV加工してあります。
2.ウォータープルーフしてあります。
3.街中に貼らないでね
4.こんなことしないでね(脱毛用)

ワハハッ本当面白い。
笑いは世界共通だわ
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-09-25 10:39 | 台湾

台湾すいーつ

まだまだ続くよ。台湾レポ
今回の台湾旅行はマンゴー三昧でございました。
とよのかイチオシデザートは台北駅の地下街のデザート屋さんで食べたマンゴーカキ氷
どんぶりにドドーンとやってきました。
みよっこのマンゴーの多さ!!
b0010489_20331512.jpg
凍りもただの氷ではなく練乳入り氷を削った氷のようでフワフワしてとってもおいしい!!
たぶん全然有名じゃないお店だろうけどおいしかった~
香港で有名なデザートレストラン「糖朝」でもマンゴータピオカを注文
タピオカがあまりにもいっぱい入ってて最後のほうは飽きた(笑)
マンゴータップリがよかったなぁ
b0010489_20333665.jpg
台湾は南の国だけあって本当果物が豊富!他にもライチ・パッションフルーツなどトロピカルなフルーツがたくさん
考えてみるととよのかマンゴーばっかり注文してるよ~
気分はマンゴーだったのね(笑)
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-09-24 20:37 | 台湾

九份(キュウフン)

b0010489_20323716.jpg台北市内から少し離れた郊外の町

九份(キュウフン)

昔は、ここの地域に九世帯しか住んでいなかったことからこう呼ばれているそうです。
九世帯しかないころの九份は、誰かが街に買い物に出ると必ず九個おみやげを買って帰っていたとのこと。助け合いの精神ですね。
その寂しい村から金鉱が発見されたことから一変して、賑やかな金鉱街になります。日本統治時代はかなり賑やかな街だったようです。
残念ながら金が取れなくなると街は衰退。寂しい街へと逆戻り

b0010489_20474161.jpg
しかし、再びこの九份(キュウフン)に活気が戻ってきます。
とよのかは、見たことないんだけど「悲情城市」という映画のロケが行われそれを機会に九份(キュウフン)は再び脚光を浴びることになります。
このノスタルジックな町並みは、千と千尋の神隠しの街のモデルにもなったということです。
なるほど、この赤ちょうちんの町並みは映画にありましたね。
b0010489_20512181.jpg
向かって左が金鉱街が栄えた頃の映画館。右が遊郭だったところです。
このレトロな町並み、なんだか、日本の炭鉱の街、福岡で言うと筑豊や大牟田の街を思い出しました。日本の過疎化が進む炭鉱街もこんな感じで売り出せば案外観光地として成功するのではないか?と他人事ながら思ってしまいましたよ。
階段を上がったところは、出店のオンパレードでお祭りの縁日のよう
人が一杯で動けないほどでした。人・人・人
今、旬な観光地なんだろうなぁ。
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-09-20 21:03 | 台湾

台湾の地下鉄

b0010489_19505236.jpg台湾の地下鉄MRT
お国によってシステムが違うのが面白い
車内で食べ物を食べると罰金取られるので注意が必要。
6000円弱くらいの罰金取られるって大きいよね。
行き先を押してからお金を入れるとかいうのは諸外国では多いから戸惑わなかったけど
出てきたのが青いコイン

はっコイン?
周りを見ているとICカードみたいなのをかざしてピッという音とともにドアが開き構内へ
どこかに入れる所があるのか??と探すにもない!!
しばし、とまどうがようやく青いコインを持ってる地元民に遭遇
どうやらこのコインをICカードみたいにかざせばいいらしい。
出るときは、ちゃんと自動販売機みたいなお金を入れる場所がついてるのでわかったけど
コインだからまさかカード機能があるとは知らなかった。
このコインの投入口にいれれば、また再利用されるわけね。なるほどよいシステム
エコちっくで非常に良い
まあ、ちょっと戸惑ったけどわかって良かった良かった

地下鉄の車内は幅が広くてとても綺麗でした。
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-09-19 19:52 | 台湾

台湾・故宮博物館

b0010489_2058890.jpg
台湾といえば故宮博物館

中国の歴史がギッシリつまってます。
なぜ?台湾に中国の歴史が?と思うかもしれませんが、
それは日本軍が中国に侵略したことからはじまります。
当時の蒋介石の国民政府(1948年からは中華民国政府)は博物院の所蔵品を戦火や日本軍から守るべく重要文物を南方へ疎開させたそうです。
その後、内戦が続き中国共産党が大陸の政権を握り国民政府は台湾に移動
別々の国となり今に至ります。
というわけで本国中国でもみられないような所蔵品がギッシリあるのです。
世界四大博物館といわれるほどすごいんだよ~
※ちなみに四大博物館とは故宮博物院、ルーブル美術館、メトロポリタン美術館、エルミタージュ美術館ね )
あまりの展示品の多さにコレは抑えるべしという作品だけはみることに
展示物の前にいき、表示されてる番号を入力すると日本語ガイドが流れます。

とよのかの印象に残ったのは「肉形石」と「翠玉白菜」
石なのにお肉のような赤い石に翡翠でできた白菜?!
お肉のときのアナウンスが「いゃぁ~とてもおいしそうですね~」と会話形式で思わず(^m^*)v ププッ
ちなみにこのガイドの女性の方の声、たぶん台北101で聞いた音声ガイドの声と一緒じゃないかなぁと思います。ちょっと年配のおばさんっぽい声なので覚えてるのよね。いろんなとこ担当して大忙し?
b0010489_2103441.jpg
歩き回って疲れたら四階のカフェレストラン「三希堂」
清の乾隆皇帝の書斎名にちなんでつけられたものだそう
店内は広々とレトロチャイナという感じのお洒落空間
中国琴?の生演奏があってて、くつろげます。(写真のおじさんが引いてるのが琴なんだけどわかるかな?)なぜか美空ひばりのメドレーが流れていた。
b0010489_212299.jpg
ちょうどティータイムの時間だったので
日本的にお茶とお菓子を一人一つずつ頼んだんだけど、周りを見渡すと
お茶はポットででてくるのでそれをシェアしている台湾人多し
まあ、とよのかたちはいろいろな種類のお茶を頼んだので味比べということで

この故宮博物館2007年2月にリニューアルされてかなり近代的になっています。
昔来た友達によると昔は、古い学校の教室みたいにイケてなかったらしい
今は綺麗ですので台湾に来たからには是非世界四大博物館を見てくださいね!!
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-09-18 21:09 | 台湾

台湾式シャンプー

b0010489_20294718.jpg
台湾では美容院でシャンプーがリーズナブルにできるのです。
日本円で1000円もかからない。
シャンプーだけじゃなくマッサージもしてくれるしブローまでしてくれちゃう
地元のOLさんたちが会社帰りに寄ってそのままデートへGO!
はたまたマッサージで疲れを癒すのかしら?
毎日、出勤前に美容院に寄ることを習慣にしている女性も多いんだって~

b0010489_20303383.jpgいずれにせよいいシステムだよね
台湾式シャンプーは観光イベントの一つに組み込まれるくらい今は有名らしい
台湾の達人に聞いてみると台湾滞在の時は、毎日通ってホテルで髪を洗ったことがないんだって
とよのかも挑戦!!
日本の美容室と全然変わらない雰囲気。
座ったままサッとカバーをかけられ、いきなり乾いた髪のままシャンプーをつけられます。
しかしあら不思議どんどん泡が立ってアワアワ頭になります。
シャカシャカマッサージしてくれるし気持ちいい~
不思議なことに泡がたれないんです。
仕上げは、ピンッと髪をアンテナのように立たせてくれてフィニッシュ!!
流すときはシャワー台に移動
さっぱりしたら、椅子に戻ると麺棒とお茶を出してくれます。
そしてブロー開始!!


乾かすだけかと思ったら結構本格的にセットしてくれます。
なるほど~コリャ毎日通いたくなるわ!!
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-09-16 20:33 | 台湾
b0010489_223025.jpg
台湾といえば飲茶!!
飲茶といえば鼎泰豊ディンタイフォン
肉汁いっぱいの小籠包で世界に名を馳せた名店
ニューヨークタイムズ世界10大レストランの一つに選ばれるほど有名
本場に来たからには食べねばならぬ!!と早速開店と同時に突入
とよのかがいったのは、二号店の忠孝支店
忠孝店はMRT「忠孝敦化」駅から徒歩5分で行けるから便利なのだ♪
小籠包・野菜入り蒸しギョウザ・蝦が上に乗っているボリュームのあるシューマイなどなど次から次へとでてきます。
b0010489_2235221.jpg
小籠包のおいしい召し上がり方とかいたメニューまであり、とよのかは、それに従って食べます。そのおいしさにみんなハイテンション!!

まず、しょうがの千切りかたくさん入った小皿がでてくるので、それにお酢醤油をいれ皮が破れないように小皿に移します。ほどよく酢醤油にからめたらレンゲにのせ、ショウガをひとつまみいれアツアツをやけどしないようにお口に運びます。

店内は人気店だけあって大混雑
外はいつのまにか行列ができるし・・
それにしても女性の店員さんの制服が超ミニなんだよね。
お店の方針なのかしら?
お茶もしょうがも切らしたらすぐ持ってきてくれるし、サービスが行き届いていました。
これも名店といわれる所以かな?

日本に何店か支店がある模様。東京近辺かとよのかの近場では熊本にあるらしい
福岡にもできないかなぁ~
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-09-13 22:06 | 台湾
b0010489_20144596.jpg忠烈祠の衛兵交替を見に行きました。

忠烈祠は日本で言うなら靖国神社みたいなところ。

革命や戦争で国民党政府の為に犠牲となった約33万人を祀っています。

衛兵の交代は一時間ごと

時間前になると次の当番の衛兵たちがカツカツカツとタップダンスのシューズはいてるみたいに音を立てて歩いてきます。

時間帯が早かったので、すごく近くで見ることができるし、人も少なかったので衛兵の後を追いかけてもいけるのだ~

お友達が以前職場の慰安旅行で台北に行ったときは、女性ばかり50人団体でゾロゾロと衛兵の周りを囲みながら後を追って行ったんだって。誰か笑わないかとパフォーマンスしたりしたそうだがクスリとも笑わなかったんだって~(そんなことしちゃイカン!!)

※ただし、写真を撮ることに夢中で進路妨害したりするとガードマン(たぶん当番じゃない衛兵)に注意されます。

門のところと廟に二人ずつ衛兵がいて、門番をしています。

b0010489_2024333.jpg

交替の衛兵が来ると今までピクリとも動かなかった衛兵が動き出します。

b0010489_20304254.jpg
銃をまわしたり、足を高く上げながら一糸乱れず歩く姿は、ロボットみたいに正確です。
b0010489_20361417.jpg

ここの衛兵は、台湾の陸海空軍の当番制で、とよのかがきた時は陸軍でした。
身長178センチ~185センチまでの(小さくても大きくてもいけないのね)ガッチリした体格のエリートたちが、この任務にあたるそうです。

b0010489_20433219.jpg直立不動のまま一時間。

これは人形かと思うほど、ピクリとも動きません。

太陽がカンカン照っていても汗もぬぐうことができないなんて・・
写真は衛兵交替の時のガードマンさん。顎には衛兵役の時の紐の焼け跡がクッキリと!!
任務のたいへんさがでてますね~ガンバレ衛兵さん!!
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-09-12 20:52 | 台湾
b0010489_21513099.jpg
今のところ世界一の高さを誇るタワーです。
来年、ドバイにこれより高いタワーが完成するので、あと数ヶ月の命?!
何はともあれ、世界一のタワーに登ることに意義がある!!とまずは、挑戦!!
b0010489_2154241.jpg
世界一の座はもうすぐドバイに奪われるけど、
ここのエレベーターは抜くことができるのか?
屋上までものすごい速さで上っていきます。
このエレベーターの速さもギネスブックも公認です。
展望台入り口のある5階(地上25mから展望台のある89階(地上382.2m)まで、37秒!!
エレベーターには上り下り共に、階層・高さ・速度がリアルタイムに表示される。
耳がキーンとなりながら、あれよあれよという間に展望台に到着
(下りは、ちょっと遅くて四十秒台だったような・・)
神様になった気分で下界の人間たちを見下ろすとよのか(笑)
台北市内がグルーっと見渡せます。

ちゃんと日本語の無料観光案内のヘッドホンを貸してもらえるので、それをみながら展望台を廻れば
台北の位置関係もわかります。

真っ赤な顔が101になってる宇宙人みたいなキャラは、台北101のキャラクターかな?
いたるところに出没してます。

余談ではありますが、この世界一のタワーのオーナーは女性なのだ
しかも年齢33歳独身女性
と聞きバリバリ強面のキャリアウーマンを想像したけどガイドさんの話によると
超美人なんだって!!
テレビや雑誌にもよくでている有名人だそうで、大金持ちの美人企業家に釣り合うお婿さんはどんな人?と話題になってるそうです。
とよのか それを聞いてどんな人だろうと興味深々

早速帰って調べちゃったよ。
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-09-11 22:12 | 台湾