make a pretty-world pretty.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:アート・音楽・映画など( 72 )

江原さんに会いました。

棚からぼたもちというのは、このこと?
いや、願えば叶う?引き寄せの法則?
福岡で開催されるという江原啓之さんの講演会。
気付いた時には、すでにチケット完売。
ああ遅すぎたわとガッカリしてました。

しかし今週末、私行けなくなったからと職場の先輩がいきなり、チケットをくれました。

週末に久しく会えなかった友人ともランチの約束をしてて講演会当日、講演会前に友人と会い近況報告して、ショッピングなどなどあっという間に時間が経ってしまいました

しかも、開演17時を開場17時となぜか勘違い。
のほほーんと17時すぎに開場到着したらなんともう始まってました。(/_;)

申し訳なくコソコソと中に入り江原さんとご対面
オーラの泉が終わってから久々にお目にかかりましたわ。
ちょっと一層ふくよか?になられたかしら?

さすが江原さん、噺家さんのように面白おかしくスピリチュアルの話をしてくださいます。
聞いてて飽きません。
タイトルは、「恋愛と結婚の見分け方」だったんだけど、結婚も魂を磨く手段にすぎず、してもしなくても大差はないとのこと
今の自分の状態が不憫と嘆く暇があるなら自分を見つめなおしやる気を起こすことだそうです。
「私、出会いがないんです」っていう人ほど会社と家の往復で、他になにも努力してないことが多いらしい。

要するにおなかいっぱいでスーパーにいるようなものなんですって。
おなかいっぱいだと何見ても食べたいって思わないしね。
本当におなかがすいてたら、手当たり次第に手をだすそう(笑)
などなど恋愛、結婚の話から人生の話にいたるまで、いろいろお話してくれました。
ちょうどとよのかの席って通路側で、質問コーナーのときは江原さんは舞台から降りてきて、本当まじかで拝見させていただきました。近くで見た江原さんは大きくてニコニコしてて手に大きなタイガーアイ?みたいな茶色いプレスをして勢いがありましたよ

一番なるほどーと思ったお話の「転んでも団子をつかんで起き上がれ!」デス
自分にとってつらい時でも、その中で必ず未来のヒント、糧になることがあるのでそれを忘れないでというお言葉

みなさん、性別や国籍、家族など自分では変えられないのは宿命。運命は自分次第。
美味しい材料でも料理が下手ならまずいものになるし、安いものでも料理が上手なら美味しい料理になるのです。
人生の生き方は自分次第。美味しいものが作れる料理人になりたいですね。
[PR]
by berry-toyonoka | 2010-11-14 21:56 | アート・音楽・映画など
b0010489_2211023.jpg
初めてこの人の歌声を聴いたのは、映画館だった。
映画の始まる前の予告編。アカペラで彼女の声が流れた。
なんて、澄んだ清らかな声だろう。何もか洗い流してくれるような雨のような澄んだ川の流れのようなやさしい歌声。
結局、映画のゲド戦記は、見なかったけど彼女の歌声が忘れられなくて、ituneでダウンロードしてフルで聞いてみた。
人の声で涙が流れたのは、これが初めてかもしれない。歌詞が切ないのか歌声にひかれたのか?どちらともかな?
デトックス(浄化)の歌声とは、このことだろう。

しばし、時間があいてまたもや彼女の歌声を知る機会が訪れた
b0010489_22112615.jpg

「The Rose」ペッド・ミドラーの名曲だけど、彼女の「The Rose」は新鮮で、やさしい気持ちになれる。このアルバムは、映画の中で流れる何かしら聞いたことのある曲ばかりだけど、彼女のデトックスな声とともにアレンジされていて、聞いていて心地よい。

最近は、もう「手嶌 葵」祭り?で、このアルバムコンセプトの第二弾ともいえるアルバムもゲット
b0010489_22194963.jpg
よくよくプロフィールをみると福岡県出身、在住だそう。おお・・どこかですれ違ってるかもしれないの?
彼女の歌声、ぜひ生で聞いてみたいという願望が日々強くなるこの頃。

まだあどけなさの残る歌声ではあるけども、人の心に響く何かをもったものが彼女にはあると思う。
土曜の夜のまったりとした時間のひとときには、かかせません。
[PR]
by berry-toyonoka | 2010-06-28 22:25 | アート・音楽・映画など

ぴかぴかおじさん

別府には夕方着いて、ちょっと駅前を探索してみました。
土曜だというのに閑散としていて、寂しい雰囲気。
とよのかの小さなころはもっと活気があったような・・

別府駅前にきてなにやら面白い像を発見
「ぴかぴかおじさん」って書いてある。誰なんだこの人

b0010489_21392514.jpg


帰って早速調べてみる

油屋 熊八(あぶらや くまはち)
大分県別府市を日本有数の温泉地に育てた実業家で別府観光の父・別府の恩人と呼ばれている人だそうです。
亀の井ホテルや亀の井バス湯布院の亀の井別荘なんてのも熊八さんが作ったものなんだって

熊八さん、すごいアイデアマンで美人バスガイドが案内する観光バスを日本ではじめてつくったり、“山は富士 海は瀬戸内 湯は別府”と書いた標柱を富士山にかつぎあげて立てたり、なかなか面白いことをやるひとだった

子どもたちが大好きで、『オトギ倶楽部』を結成し子供たちを喜ばせてくれたそうで、熊八さんは子供たちからピカピカおじさんって呼ばれてたんだって
だから、後ろに子供?がくっついてるのかな?

今の別府。温泉に恵まれてるけどそれ以外は面白いものがあまりないような気がする。地獄めぐりくらいかな?ホテルも旅館も昔の風情は残ってるけど、洗練さがない気がする。女性や若い人たちにはこれじゃ受けないな。

平成の油屋熊八が現れて観光地として立て直してほしいものです。
[PR]
by berry-toyonoka | 2010-02-16 21:45 | アート・音楽・映画など
b0010489_1540653.jpg
ご存知今年の数々の部門のアカデミー賞の獲得した「スラムドッグ$ミリオレア」
とよのかは、日本バージョンのミリオレアの番組は、イライラします。でもなぜか見てしまうのよね!みのもんたのためるだけためるファイナルアンサーの間が嫌い。えーい!!さっさと正解かどうかいってみろーと叫びたくなります
こちらは、インドのミリオレア。意外にあっさりしております。うん、このくらいがいいのよ(笑)
スラムで育った少年が、なんと最終賞金額まで達してミリオレアに・・・・
しかし、無学の少年がなぜクイズにすべて正解したのか?

混沌としたインド。スラム街の生活は私たちの想像を絶するものがあるけど人のパワーを感じさせる。パワーとスピード。音楽にのって見ているのに疾走してる感じがする。

いろいろなところが評価されてるこの作品だけど結局、これ純愛映画じゃないの?って思いました。そう、バカがつくほどの(笑)
主人公のジャマールは、幼い頃スラム街で出逢ったラディカに恋心を抱き続ける。

すべては、ラディカに会いたいためなんです。

なんかすごくメンタル的なものを期待していたのですが、ちょっと拍子抜け。
いや、この真っ直ぐなラディカへの思いこそ素晴らしいのでしょう。

インドといえば「アガスティアの葉」って知ってます?
数千年前にインドの聖者アガスティアが葉に記した予言。
必ず、自分の歩むべき人生が描かれている葉があるというもの。占いみたいなものなんです。
かなり胡散臭いんですが、この映画を見ると もしかして、すべての運命は決まっているんではないか?なんて思ってしまいました。

人生は自分で作るもの!!なんて思ってても結局は決まってて妙に抗ってうまく、いくものもいかなくなるんじゃないでしょうか?そうすると点と点がつながってハッピーエンド?なーんて思った作品でした。

最後のいきなりみんなで踊るミュージカルな場面は、やはりボリウッド(ボンベイのハリウッド)映画ならではですね!
[PR]
by berry-toyonoka | 2009-04-19 16:07 | アート・音楽・映画など

ipodを車の中で聴こう!!

b0010489_22192736.jpgみなさん、音楽を聴く場所はどこが多いですか?
とよのかは、圧倒的に通勤時の車の中なんです。
最近、常にipodを持ち歩いております。
それは、車でipodが聞けるようになったから
FMトランスミッタなるものを取り付ければ簡単に聞けるというもの。取り付けむずかしいと思ってたけど、なんのこたーない車の電源とipodをつないでFMの使用されていない規定の周波数にあわせるだけ!!
費用も五千円くらい
音質はFMラジオを聴くくらい。耳の肥えてないとよのかにはこのレベルで充分です。
CDをたくさん持ち歩かなくていいし便利です。
今はシャッフルにして聞いてます。
ipodの中に入れてるのに忘れてて意外な曲が流れて新鮮だったりします。最近のお気に入りはperfumeだったりする(笑)
[PR]
by berry-toyonoka | 2009-03-08 22:21 | アート・音楽・映画など
b0010489_21554210.jpg
待ってました!TVシリーズでとよのかを熱狂させたドラマの映画化!
『SEX AND THE CITY『』略して(SATC)
キャリー シャーロット ミランダ サマンサ 四人が帰ってきた!!
この作品はとよのか世代には絶大なる支持を受けてる理由はリアル等身大
考えてること行動とか本当よく似てるんだもん
本当は23日が公開日なんだけど待ちきれなくて先行ロードショーに行ってきました。
前評判はいまいちだったけど、とよのかや友人は満足♪ よかったです。
この映画、たぶんドラマを全部見てないと流れが理解しずらいと思う。キャリーとビックの度重なる別れとかシャーロットの懐妊とかサマンサとスミスの関係とかわからないだろうなぁ~

四人のそれからは一体?テレビシリーズの四年後を描いてます。ファンにとっては興味津々。
この映画のテーマは恋愛はもちろんだけど「女の友情」がメインかも
女って結婚や子育てとかで壊れがちだけど、どんなに立場が変わろうとも相変わらず強い絆で結ばれててすごく羨ましかった。

四人とは別に今回は、キャリーの秘書役の二十代キャラ登場。どこかでみた顔だと思ったら「ドリームガールズ」にでてたジェニファー・ハドソンではないか!
二人の友情にもちょっぴりウルッとしたり・・・・

終わった後に友人と話してたんだけど、サマンサが選んだ道も通常だったら「えーどうして?」っていうと思うけど彼女なりの価値観や生き方を理解しているからこそ応援できるんだってこと。

お互いを理解しあい信頼できる女の友情っていいもんだねということを再確認。

キャリーはついにビックとハッピーエンドでめでたしめでたし♪
これで終わりといわず、数年後の彼女たちもまた描いてほしいな。
[PR]
by berry-toyonoka | 2008-08-16 22:27 | アート・音楽・映画など

つぐない

b0010489_12555065.jpg
テレサ・テンを連想したあなた。ふっ同世代ですね
舞台は第二次世界大戦中のイギリス
上流階級の姉妹とその召使の息子のお話。イギリス的な重厚感でなんともいえない不思議な雰囲気漂う。13歳の少女ブライオニー。彼女の証言により姉セシリアと召使の息子ロビーは引き裂かれてしまう。
b0010489_1304336.jpg
うーん。友人と題名からしてきっと重いよね~どーする?見る?と散々考えた上、結局見ちゃった作品。
自分は、他者にとんでもないことをしてしまったと後悔する。自責の念を絶えず抱き生きていかなきゃいけないなんて辛いですよね。
世の中には他人に迷惑かけようが自分さえよけりゃそれでいいと思ってる人が多い。
そんな人たちに比べればブライオニーは充分罪をつぐなっているように見えるんですが・・
b0010489_1344982.jpg
人生をこういう風に過ごしていかなきゃならなかった人たち。昔も今もたくさんいると思う。
最後に心が晴れやかになるなんてことはないけと゜、人生の刹那さを描いたなかなかよい作品だったと思います。
アカデミー賞に7部門もノミネートされてるのも頷ける作品です。
[PR]
by berry-toyonoka | 2008-05-18 13:41 | アート・音楽・映画など

博多座お芝居見物

とよのか博多座お芝居見物デビューしてきました。
今までお芝居っていうものはミュージカルしか見たことがなくて、踊らない劇というのは見た記憶なし。数日前に突然職場の先輩からピンチヒッターを頼まれ先輩のおごりというので快く承諾(笑)
b0010489_112337.jpg博多座できて数年になりますが、前は通り過ぎても中には入ったことなし。今回初めて潜入
さすがに博多座歌舞伎も公演できる格式の高い劇場だけあって雰囲気も一味違います。年齢層は高く、ゴージャスな感じのご婦人たち多しです。
子育てもある程度終わって時間もお金も余裕のある人たちの娯楽の場所。とよのかなんかまだまだひよっ子って感じですわ
うーむ。まさに芝居見物の王道って感じです。
今回みたのは 大空真弓・山本陽子・紺野美紗子・南野陽子扮する四姉妹が繰り広げる人生模様 谷崎潤一郎原作 「細雪」です。
b0010489_115166.jpg
四姉妹ともゴージャスな配役と思いませんか?
この女優さんたち実年齢でいうとある程度の妙齢だと思いますが、舞台ではずいぶん若い年齢役の設定。山本陽子が三十代?紺野美紗子は二十代後半?ナンノ(=南野陽子)は二十代前半くらいでしょうか?舞台では、OKなんですね。スタイルよくて美しければ違和感ありません。
作品が違いますが、森光子が放浪記で二十代の役をしてるというのも頷けます。
ここに中年以上のご婦人がお芝居を好む理由があるような気がした
自分たちと同じ世代くらいの女優さんが若い役をしているということ。=私たちもまだまだ捨てたものじゃないんだわという気持ちになれるのです。

ちなみにとよのかはナンノ世代ですが、南野陽子が二十歳くらいのキャピキャピお転婆役を華麗にこなしているのには勇気付けられました(笑)
お芝居はもちろん内容や演技に魅力を感じるのはもちろんですが、女優さんたちのあでやかさも大きなポイントでしょうね。

さてさて芝居見物といえば幕の内弁当です。
b0010489_1132975.jpg通常の劇場では劇場内での飲食は禁止されていますが、博多座では上演中以外の会場内での飲食はOKです。昔のお芝居見物の慣習が今も生きてるんです。
お弁当屋さんやおみやげ屋さんがズラーっと並んでいて、休憩時間にお弁当を食べるのが定番らしい。チケットはおごりというので、お弁当くらいはとよのかが用意しようと早めに到着したんだけど人気のあるお弁当は開演30分前にもかかわらずもう売り切れ状態
とよのかが食べたこのお弁当も「残りあと六個です」という店員さんの掛け声に思わず購入してしまいました。いろいろなものが食べれておいしかったですよ。
華麗な舞台も終わり、別れ際に先輩がおみやげをいただきました。
b0010489_1143292.jpg
これも博多座限定お菓子。一ひらの「二笑」筑前もち&饅頭
さりげない心遣いに感動。こういう気配りってさすが先輩よね~
昔ながらのお芝居見物を体験して昔の古きよき日本の姿をみた気がする一日でした。
[PR]
by berry-toyonoka | 2008-01-14 11:50 | アート・音楽・映画など

カンナさん大成功です!

b0010489_834475.jpg
整形大国韓国で大ヒットした映画。原作は日本の漫画からなのね。
この女性二人、同一人物。before&after

心優しく才能はあるんだけどルックスで何かと損してるカンナ。歌は抜群にうまいので、人気歌手アナのゴーストシンガーをしている日々。冷ややかな目の世間一般の人と違ってカンナに何かと優しいサンジュンはアナの音楽プロデューサー。超イケメン。カンナはサンジュンに恋心を抱くようになるが、ある日「カンナは才能はあっても美貌はない。憐れんで放っておけばいい」というサンジュンの衝撃の言葉を聞いてしまう。

笑いありホロリとくる場面あり、かなり面白い映画でした。
カンナ役のキム・アジュン。
このヒロイン選考の条件は映画とは逆にどこもいじっていないナチュラル美人であることが条件だったらしい。スタイルも抜群でかわいい。歌が抜群にうまい役柄なので吹替えを予定だったのだが、歌わせたらなかなかの美声でそのまま吹替えなしに変更。天はニ物以上を与えちゃったのね?

女の種類は三種類しかなくて、手の届かないブランド品・普通レベルの既製品・そしてカンナさんのような返品だそうだ。自分の本来の姿を変えてまでも綺麗になるのは悪いことなのか?とよのかには、自分自身が自分を好きになることができるのであれば整形は賛成です。

音楽もなかなかよくて、この映画のサントラがあったら聞いてみたくなっちゃった。
この映画を見た後は「マリアー♪ アベマリア~!!」と口ずさみたくなること間違いなし。
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-12-30 09:06 | アート・音楽・映画など

恋空

b0010489_2015721.jpg行ってきました。無謀にも「恋空」
この作品、予想外の長ロングランヒットというからには、面白いに違いないと思っていたのだが
周りに見た人がいなくて、そのままほっといた。ようやく同僚三人で見に行きました。
映画館につくと周りは制服姿の女子高生ばかり!!恥ずかしい~うー同僚3人できてよかったー!!浮く絶対に浮く!!
さすがに若い子の中でも平気平気というとよのかもいくらなんでも若すぎて恥ずかしかった・・・。やっぱり違うよこの雰囲気・・
ここは、中学・高校のような制服な雰囲気。教室の匂いがするわ。給食の匂いがするわっ
早く暗くなってくれーと願いつつようやく、スタート
内容は、おばさんとよのかが見ると話がポンポンと急展開でありえねーと突っ込みたくなる。
とよのかには、悲しいかな若すぎてリアルには見られない。どうしてもオママゴトに見えてしまう。いや、登場人物はピュアで一途なのよ。ただそれをピュアに受け取れないとよのかがいるって感じなのだ。
恋人役のヒロも美形だけどトキメキはなし。子供に見えて仕方ない・・
とよのか超クールモードでございました。いや確かに後半は病気ものなので涙はポロッとでましたよ。
周囲は中盤からもう鼻音グスングスンすごかったわよ。
高校生世代から見ると自分の恋愛と重ねてみてコレもまた切なくて面白いんだろうな~。
なんかやっぱりピュアな気持ちはあの頃に比べるとすっかり失っていたのね。
自分が妙におばさんに感じた映画でした。
[PR]
by berry-toyonoka | 2007-12-17 20:29 | アート・音楽・映画など